Menu

通販で人気のお食い初めのセットの特徴

お食い初めは、赤ちゃんが一生食べるものに困らないようにという願いを込めて、生後100日頃に行われるのが一般的です。赤ちゃんにはじめて食べ物を食べさせるマネをする儀式なので自宅で行ったり、お店で行ったりする方もいるようです。自宅で行う場合には用意しなければならないものがいろいろあります。漆器のお茶碗、柳で作られていて、先が細くなっている祝い箸、一汁三菜、歯固めの石があり、漆器のお茶碗や祝い箸は普通のものでも代用可能なのですが、一生に一度きりのことなので本格的なものを用意したいという方も多いと思います。お食い初めの時期の赤ちゃんは頻繁に授乳したりオムツを変えたりとお世話が大変な時期なので買いに行くのも手間に感じます。買い物に行かなくても通販でお食い初めセットを手に入れる方法を紹介します。

お食い初めセットを購入する際のサイトの選び方

お食い初めセットはお祝い膳の形でお弁当として宅配してくれるところがあります。こちらは必要なものが全て入っているため、を自分で探す手間をかけたくなかったり、時間がないという方にはおすすめです。また通販であればネットでいつでも注文できて、冷凍保存ができるものもあるので、赤ちゃんの体調をみて行うことができます。また料理だけではなく、食器や歯固めの石がセットになっているお得なセットもあります。どこのお店がいいか迷う場合は、実際購入した方のレビューを読んで、いいと思ったところにすると失敗しません。セット売りではなく個々の物をネット上で探して購入したい場合には、お食い初め膳をどのような形にしたいかイメージしてから購入するといいです、漆器や祝い箸に関しては、お食い初めの時だけではなく、その後も長く使えるように質が良いものを選んだ方がいいと思います。

お食い初めの献立はどんなものが好ましいか

お食い初めの献立にはそれぞれ意味があるので、通販でセット売りではなく個々で買う場合にもこちらで紹介する食品は揃えた方がいいです。「めでたい」の語呂合わせからお食い初めのメインとなる鯛、赤飯には邪気を払うという意味があり、お吸い物には赤ちゃんの吸う力が強くなるようにという願いが込められています。また、しわができるまで長くいきられるようにとの意味を込めて梅干しを添えると更にいいです。特に意味はありませんが煮物や香の物を添えても大丈夫なので、こちらの食品を通販で好みにあったものを選びます。食品以外では、お食い初め用の食器レンタルを行っているサイトもあるので参考にしてみることをおすすめします。手間をかけなくても、通販でお食い初め用のものを購入して、ちゃんとしたお食い初めを行えます。