Menu

お食い初めの食器は通販での購入がおすすめ

「お食い初め」と書いて、おくいぞめと読みます。聞きなれないこの言葉を知っている方は相当の雑学の持ち主かもしれません。そこで、まずこのお食い初めを知らない方にどういうことなのかを説明しましょう。お食い初めというのは、簡単に言うと赤ちゃんのお祝い事なのです。生まれてから、100日~120日ぐらいに食べることに(一生)不自由のないようにとの願いを込めてご馳走する儀式と言われています。実際には食べる真似事をさせるだけで、あくまでも儀式の一貫なのです。別名、「百日祝い」「真魚初め」などとも呼ばれていて、日本古来よりの大変おめでたい行事なのです。室町時代にはお餅を食べさせたという記録が残っています。そんな古くから伝わるこの儀式は、赤ちゃんの成長を、歴史を超えて願う母の愛を感じさせてくれるイベントであると言えます。そして現代ではこのお食い初めのセットが通販でも手に入るようになりました。

新米ママさんのためのお食い初め講座1

お食い初めの知識に触れたところで、ご家族の方も、特に初めて赤ちゃんを授かったお母さんにはそのやり方はというと「分からない」という方が多数でしょう。そういった新米ママさんにそのやり方を説明しましょう。1初めてのお祝いには新しい食器で 初めて食べ物を口にするお食い初めは、茶碗、箸、スプーンなど全て新品を用意してください。 因みにそれらには縁起のいい材質の物を選ぶと、尚良いでしょう。例えば、・箸は柳の白木、お椀は鶴や松などの絵が施された物、お膳は男の子なら朱塗りのお膳(家紋付き)、女の子なら外観が黒塗りで内側が朱塗りの物、といったような物が正式には使われているようです。しかしアトピーなどがある赤ちゃんには漆塗りの器などは酷くなることもあるので避けたほうが無難でしょう。また、本格的に揃えなくても赤ちゃんショップなどで売られているものでも全く構いません。先に言った通販でも簡単に手に入ります。

新米ママのためのお食い初め講座2

続いてはお食い初めに出すレシピについてお伝えしましょう。基本になるのは一汁一菜です。つまり、汁物、主菜、主食の三つが要です。代表的なメニューとしては、1鯛や平目(尾頭付き)の焼き魚 2お吸い物(鯛や鯉) 3煮物 4香物 5赤飯  といった物が標準になります。しかしこれを自宅で用意するというと結構大変です。せっかくのお祝いでママさんがプレッシャーでストレスになっては元も子もありません。そこで最近では、某通販大手等が、このお食い初めのお料理セットを販売しており好評のようです。しかもお膳から、お料理まで全て本格的なものばかりです。価格は1万円から、2万円前後ぐらいが相場のようです。ママさんにとって子育ては重労働です。お祝い事で料理も手作りというのもありでしょう。しかし、こういった通販を利用するのはママさんの負担を減らすメリットもあり、無事にお食い初めを成功させるコツではないでしょうか。